トレード記録

【+5,650円】ユロドルロング

ポジション

■ユロドル 1.079092 ロング

  • 1発目 +3,250円
  • 2発目 +1,200円
  • 3発目 +1,200円

合計 +5,650円

 

【TP】

  • 1発目 1.082000
  • 2発目 1.083000
  • 3発目 1.083000

 

【SL】

1.07770

 

分析/戦略

【環境認識】

週足

目線は下。

だが週足レベルのネックラインの位置にレート有。

ラインに弾かれて上方向への戻しが始まると想定する。

週末なのでポジション整理の動きも期待できる。

今回のエントリーを決めた大きな根拠とした時間足です。

 

 

4時間足

目線は下。

だが、MACDはダイバージェンスをつけ過熱感示唆。

 

 

【執行足 → 1時間足】

レンジと判断。

レンジ下限からのロングというシンプルな戦略。

1時間足もMACDは過熱感示唆。

 

 

【タイミング足 → 5分足】

レンジ戦略のわりに入るのが遅れた。

遅れたというよりは・・・しっかり上向くのを待ったといった方が良いかも。

ダウ理論によるトレンド否定を確認後、リテストを待ち、更に高値更新したポイントで入った。

本当はもう3pips程下から入りたかったし、全然入れた形。

仕事中という事もあり、そこまで注視していなかったのも遅れた理由。

 

コメント

週末のトレードは基本的にトレンド方向とは逆にポジションを取る戦略を採用しています。

理由はポジション整理による動きが強くなると見ているからです。

 

ただ何も考えず逆方向に張るのではなくて、レンジ環境であったり、MACDによる過熱感などを確認したうえで判断しています。

 

22時をタイムリミットとしてトレード。

今回は思った以上に上昇しなかった( ・ิω・ิ)。

 

決済方向への値動きを期待していたのでレンジ上限ぶち破るかなーとか思ってたけど、甘かったみたい。

 

レンジと判断しているなら、1発だけじゃなく2発を最初の段階で決済しておくべきだった。

これは反省点だと思う。

 

レンジは引っ張るのではなく、逃げ切ることに重きを置いてトレードするべきだと考えているので、次回からはこの反省を活かしたトレードを心掛けたい。

今後の戦略

ポンオジロングで観察しようかなーと思ってます。

ユロポンも短期的にはロングで問題なさそうだけど、日足で見ると絶好の売り場に差し掛かろうとしている。

 

来週半ば~後半はユロポンショートで探っていこうと思います。

今週もお疲れさまでしたー

 

ノシ

 

追記 23:55

おい。

レンジ上限ぶち抜いとるやないかい。

 

 

・・・

(つ∀-)オヤスミー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA