FXをやり始めて思ったこと

      2016/08/31

 

 

 

やり始めて2か月程経ちました。

 

 

 

素直な感想としては

 

 

 

見るべき箇所が多い

 

 

 

かな。

 

 

 

 

 

それぞれが示すシグナルやサイン、その指標の向きや位置、角度全てに意味があって、

それらだけを見るのであればそれほど難しいなーとも思わないんだけど、

 

 

 

 

それらを全ての時間軸で確認し、総合的に判断をしてエントリーしなければならないということ。

 

 

 

単純に例えると、一つの時間足で見るところが10個あったとしたら、

他の時間軸でも見るわけだから、「日足」「4時間足」「1時間足」「15分足」「5分足」で見るとなると単純に50個見るところがあるということ。

 

 

 

 

私の場合、5分足はエントリーのタイミングを図るだけからそこまで詳しいテクニカル指標は見ないですけどね。

 

 

 

 

 

長い時間足で現状、方向性を確認、

そこから短い時間足を確認していき、細かな動きを把握する。

 

 

 

 

長い時間足で方向性を決めてそちらでエントリーしたとしても、

短い時間足でエントリータイミングを図らないと、2,30pipsで損切設定なんてしてたら振れて直ぐ引っかかるから。

 

 

 

 

 

先ほど伝えた、見る箇所が10×5=50箇所を組み合わせ、総合的に見て判断しなければならない。

ある程度慣れてきたら、取捨選択ができるのでもっと見るべきところは減ると思いますが、

それでも一つのチャートに5~7つは確実にあると思います。

それかける時間足の数です。

 

 

 

 

 

そして、それだけじゃなくファンダメンタルズの面も考慮しなければなりません。

そこまで詳しいものは要らないとしても、指標発表のある時間帯や予想値からマイナスになったときはどうなるかなど、ある程度のことは把握していないと大怪我します。

 

 

 

つい最近のEU離脱(ブレグジッド)についての国民投票発表の際はかなり大きく値が動きました。

ポンド円は一日で28円程、ドル円に関しては一日で8円程動きました。

 

 

 

そんな中、何も知らずポジションを持っていて損切設定もしていなかったら大変なことになりますよね。

 

 

 

 

何も知りませんでした、は通用しません。

全て自己責任です。

 

 

 

知らなかったあなたが悪い、これで終わりです。

 

 

 

 

 

私はまだ初めて2か月、ただでさえ覚えることが多い中、

見るところもかなり多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

覚えることは覚えてしまえばそれで終わりなのですが、

見るところが多いというのはそれだけ客観的に、全体を見なければいけないということです。

 

 

 

 

 

 

だから、面白いということもあるんですけどね。

( ◠‿◠ )

 

 

 

 

 

見事にハマってます。

 

 

 

 

 

 

 

相場には絶対がないので、永遠のテーマにできます。

 

 

 

 

 

 

生き残れるかどうかは別として、かなりやりがいは感じています。

 

 

 

 

 

 

今月はマイナス収支です。

 

 

 

 

 

もし、これから先皆様にお見せすることができる成績を残せるようになりましたら、

このホームページにて取引履歴の写真とともに収支を公開していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

今はまだ、お見せできるような結果を出すことができていません。

( ◠‿◠ )。

 

 

 

 

 

直ぐに勝てるとは思っていませんが、

そんなに長く時間をかけるつもりもありません。

 

 

 

 

あと3か月で一貫してプラスに持っていくことができないようであれば、少しFXで生計を立てていくのを見直したいと思っています。

別に焦ってもいませんし、ダラダラもしていません。

 

 

 

私は常に全力です。

だからこそ、真剣に向き合って向き不向きをしっかり見極めたいと思います。

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

ノシ

 - 日記