【本紹介】FXチャートの読み方・使い方

      2016/11/14

 

 

 

初心者の方におススメの本がこちら

 

 

 

ズバリわかる! FXチャートの読み方・使い方

 

 

 

 

IMAG1600-min

 

 

 

 

 

率直な感想を述べると、

凄い読みやすかったです。

 

 

 

 

 

左に図、右に説明文という構成で書かれています。

 

 

 

 

IMAG1601-min  IMAG1602-min

 

初心者にもわかりやすく、できるだけ難しい言葉を使わずに説明されています。

 

 

 

代表的なテクニカル指標

 

 

■移動平均線

■一目均衡表

■ボリンジャーバンド

■RSI

■MACD

■ストキャスティクス

 

 

の見方などもわかりやすく記載されております。

 

 

 

 

 

「ここがこうなったら買い」

「ここがクロスしたら売り」

 

 

 

 

 

といった風に複雑なことは書かれておらず、

売買シグナルの基本的な見方をシンプルに説明されています。

 

 

 

 

一つ気になったのは、良い点だけを書かれており、

悪い点、使えない場面などの詳細は書かれていないということです。

 

 

 

 

 

例えば、MACDはレンジ相場には不向きなテクニカル指標だということや、

ストキャスティクスは強いトレンド発生時は上下どちらかに張り付いてしまうなどの情報が書かれておりません。

 

 

 

 

 

ですので、この本で学べるのは「触りだけ」という認識のほうが良いと思います。

ある程度どういった事柄を示してくれるのかを見て、自分に合いそうなら掘り下げて調べてみる、というのが良いと思います。

 

 

 

 

 

そして何故か一目均衡表についてはより詳しく説明されていました。笑

他の指標は大体2Pに比べ、一目均衡表は14P。。。

 

 

 

 

 

好きなんすかね・・・笑

 

 

 

 

私は使用していませんが。

 

 

 

 

 

 

( ・ิω・ิ)。

 

 

 

 

 

 

ローソク足の見方などをもう一度基礎から固めたくてこの本を購入したのですが、

その点に関しては結構満足しています。

 

 

 

 

 

本当に基礎中の基礎的なことしか書かれていませんが、復習するための本としては凄い良かったです。

 

 

 

 

 

わかりやすさを選ぶなら、今まで読んだ本の中でもトップクラスにわかりやすい本でした。

 

 

 

 

 

 

内容の濃い、もっと詳しく色々知りたい方には物足りない本に感じると思います。

 

 

 

 

 

私的には満足ですので、ご紹介させていただきました。

 

 

 

 

 

 

( ・ิω・ิ)ノシ

 - FX初心者日記, 商品紹介