【FX初心者日記】MT4(メタトレーダー)とは【メリット/デメリット】

      2016/12/02

【MT4ってなに?】

 

MT4とは無料で利用できる高性能のFXトレーディングソフトのことを言います。

MT4の何が便利なのかということを初心者の方向けに簡単にまとめます。

 

 

①動作がとても軽い

ラインを引いたり気になるポイントにチェックを入れたり

色々な時間足のチャートを表示させたりしてもカクカクしません。

 

 

②チャート表示の自由性がとても高い。

ローソク足、背景色、表示サイズの変更は勿論のこと、

様々なインジケーターを表示させることが出来ます。

5分足に1時間足の移動平均線を表示させるようなインジケーターや、

ちょっと特殊なインジケーター、自作インジケーターなど、MT4ならそれらを表示、

使用することが出来ます。

(対応していないものも中にはあったりします。)

 

 

③FX会社を変えてもチャート環境はそのままでOK

これって初心者の方だと何を言っているのかわからないと思うので

もう少し具体的に話します。

 

私はFXする際、注文を出すFX会社(口座にお金が入っている会社)と

チャートを確認するために使用しているFX会社(MT4対応の、お金が口座に入っていない会社)

は別会社となります。

 

 

何故そんな形を取るのか?

 

 

それはMT4の方がカスタマイズ性がとても高いことプラス、

単純に使いやすいからです。

 

 

上記項目で書いたように様々なインジケーターに対応していることや、

過去チャートもかなり前まで遡って見ることができ、検証するツールとしても

利用することができます。

 

 

FX会社で私が一番おススメしているDMM FXはMT4に対応しておりません。

 

ですので違うFX会社で一度口座開設し、そこが提供するレート、チャートを見て

売買タイミングが来たらDMM FXで注文を出す、と言ったような流れです。

 

 

初心者の方でしたら、ここでまた一つ疑問が出ると思います。

 

 

「そのレート、チャートは違う会社でも同じ値なの?」

 

 

というところなのですが、

答えはNOです。

 

 

 

全く一緒ではありません。

ですが、大幅に違うという事もありません。

 

 

 

FXは全世界で取引されている市場ですので、大幅に違うとなると

大変なことになります。

FX取引自体が成り立ちません。

 

 

もし、2社比べて全然違うチャートになったとしたらどちらかが詐欺業者です。笑

 

 

ただ、FX会社によっては数pips違うということはよくあることですので、

これはどちらが正しいということでもなく、取引形態がDD方式であれば、

そういうものだと思って取引するより他ありません。

(取引形態にはDD方式とNDD方式の二種類あるのですが、

説明すると少し長くなるのでここでは説明を割愛させていただきます。)

 

 

 

 

当たり前の話ですが、FX会社によって長所と短所それぞれ違います。

 

 

 

「ここのFX会社は約定拒否が多いから違うところに変更しよう。」

 

 

 

 

そうなった際、普段利用しているツールがMT4ではなく

そこの会社が提供する取引ツールだった場合、

変更先の会社が取り扱う取引ツールが又同じものとは限りません。

 

 

仕様が全く違う場合の方が多いので、その度に使い方を覚えなければなりません。

これってとても非効率ですよね。

 

 

チャートを見る、分析するツールは別に固定しておけばその手間が省けます。

なので私はMT4を利用しています。

 

 

 

私だけでなく、多くの方がその方法を利用されていると思います。

 

 

 

中にはお気に入りのFX会社が提供するツールを利用されている方も勿論おられます。

どちらも正解であり、間違いではないのでお好きな方を選んで問題無しです。

 

 

 

MT4に対応しているFX業者はたくさんありますが、私は

 

オアンダジャパン

を利用しています。

 

 

 

オアンダジャパンを利用している理由は下記記事にまとめております。

 

オアンダジャパンのメリットデメリット

 

 

④EA(自動売買システム)対応

EAを設定すれば、そのルールに従ってMT4が自動で売買をしてくれます。

私は完全裁量トレードなのでこれは利用していません。

 

 

⑤インジケーターやEAの種類が圧倒的に多い

世界中のFXトレーダーがこのMT4を利用しています。

取引ツールとしてMT4を利用されている方は他のツールと比べ、

桁違いに多いです。

その分、開発されているインジケーターやEAなどの数もたくさんあります。

 

 

 

とFX初心者である私が思うMT4のメリットはこんなところでしょうか。

とても使いやすいツールで毎日このMT4を利用しています。

 

 

次は私が思うMT4のデメリットについて。

 

 

■日本国内でMT4に対応している業者が少ない

いくつかあるとは思うのですが、私が知っているのは

 

オアンダジャパン
FXTF

 

ぐらいです。

 

 

MT4を利用するにあたり、オアンダジャパンで何も不自由していないのでそれ以上

調べていないというのが本当のところです。

 

 

■インジケーターの数が多すぎて何を使っていいかわからなくなる

FX初心者あるあるじゃないでしょうか。

MT4対応のインジケーターは本当にたくさん存在します。

有料で売られているものもあれば、無料で使用することができるものもあります。

標準装備でも50以上のインジケーターがあるとか。(数えてないので正しい数はわかりません。)

 

 

使えるインジケーターもありますが、使えないインジケーターもあります。

どれが自分に合っているのか、という目利きが必要になってくると思います。

 

 

あれやこれやと表示させたからと言って勝てるわけではないので、

しっかり自分に合っているものを選びましょう。

 

 

ざっと書き綴りましたがメリットデメリットを下記にまとめます。

 

 

 

メリット

 

■動作が軽い

■カスタマイズ、自由性が高い

■FX会社を変更してもチャート環境はそのままでOK

■EA(自動売買)対応

■インジケーターやEAの種類が圧倒的に多い

 

 

 

デメリット

 

■日本国内でMT4に対応している業者が少ない

■インジケーターの数が多いので目利きが必要

 

 

 

MT4はとても使いやすい取引ツールですので、

是非活用してみてください。

 

 

ノシ

 - FX初心者日記, おススメFX口座