何も知らなかった

   

 

 

 

今日、用事があったので今は亡き

おじいちゃんの妹さんに会ってきた。

 

 

旅行が趣味で元気なイメージだった妹さん。

独り身だけど、自分の時間を上手に生きてる

元気なおばちゃんと思ってた。

 

 

 

久し振りに二人きりで会って

色々話をする。

 

 

病院通いでいろいろと病気を患っている

とのこと。

 

 

もう趣味の旅行も行くことができていないとのこと。

 

 

左耳は聴力をほぼ失い、

残す右耳も聴こえづらくなってるとのこと。

 

 

心臓にも異変を感じ、

現在検査をしているとのこと。

 

 

 

色々と世話になった人。

というか今もお世話になっている。

 

 

 

知らなかった。

 

 

 

何も”御返し”ができていない。

 

 

 

”御返し”どころか、自分のことすら

ままならない現状。

 

 

 

情けないが、落ちてる場合じゃない。

 

 

行動に移し、結果を出す。

 

 

焦っても結果を出すことなんて

できないけど、

 

 

危機感は持つべきだと再確認。

 

 

 

何も返せないまま、

さよならになってしまったら

もうどうすることもできない。

 

 

 

綺麗ごと抜きにして

きっと一生自分が後悔する。

 

 

 

結果を出せるかどうか

それはもうわからない。

 

 

けど、結果を出すために

最善を尽くせているかどうか。

ここが一番大事。

 

 

私はまだ若くて、経験も浅くて

大した人生も送っていない

何も知らないおこちゃまだけど

今の自分はそう思ってる。

 

 

「全力を出したかどうか」

 

 

生きてたらなんだかんだあるけど

結局ここが一番大事な気がする。

 

 

結果を出せば周りから賞賛されたり、

それなりの報酬も手にすることができる

けど、”本質”はそこじゃないような

気がしないでもない。

 

 

わからないけどね、

結果出せてないから。

 

 

 

結果出せたら

また違う考えが出てくるのかも

しれないけど、今の自分はそう思ってる。

 

 

 

本当に

がんばらないとね。

 

 

 

ノシ

 

 

 - 日記