1時間足でのブレイクアウト手法の検証

   

 

 

 

1時間足を執行足と見て

 

レンジブレイクであったり、

高値安値ブレイクであったり、

明らかに意識されそうなラインのブレイクであったり。

 

 

ブレイクした段階でどうアクションを取れば良いトレードができるかという内容で検証をしていました。

 

 

今日軽く1時間半ほど検証しましたが・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

まだ1時間半ほどしかしていないですけど、感じた感想をそのまま書くと

 

 

 

「今後1時間足でのブレイクアウト手法は使うことは無いかも」

 

 

というのが率直な感想。

( ・ิω・ิ)。

 

 

 

理由は・・・

 

 

MAとの相性もあんまり良くなさそうだしグランビルも大して機能しない場面が多い気がしました。

 

 

セオリー通りラインブレイクからのリテストを待ち、そのラインを背にタイミング取って入ったほうが断然やりやすいし勝率も良さそう。

 

 

一気に動いていったならそれはそれでもう次の機会待つのが得策なんじゃないかなーと思いました。

 

 

忙しないトレードは別に希望していないし。

( ・ิω・ิ)。

 

 

そもそもブレイクアウトって、タイミングを計るための手法で中期や長期で使うのは間違いなのかな?

( ・ิω・ิ)?

 

 

中期でブレイクアウト→短期でタイミングを計る

この考え自体根本的におかしいような気がしました。

 

 

 

まだ発見できることがあるかもしれないので、明日も検証を続けますが、この検証自体はあっさり終了しそうな。

 

 

あんまり私の中でもときめきを感じない手法だしね。

何故かはわかりませんが・・・

 

 

全然ときめかない。

 

 

 

 

ということで今日はこの辺で。

 

 

 

ノシン

 

 

 

 

 

 

 - FX初心者日記