こんな良い肉初めて食べました

   

 

 

 

私はあまり食に興味がありません。

 

なので良いものもそこまで食べたことが無いですし、一度気に入った料理があったらそればっかり食べているので新しい料理に出会う機会もとても少ないです。

 

 

 

今回、三連休ということで週末に会社の方々と7名ほどで焼肉屋さんへ食べにいってきました。

 

職場の人が中々の遊び人(笑)で色々な事を知っているので、その方が知っているお店に食べに連れていってもらったという形です。

 

 

大阪の方だと覚えておいて損はないお店だと思うのでご紹介します。

 

 

 

店名は

 

明光苑(めいこうえん)

 

です。

 

 

梅田近くにあります。

店員さんは謎にムキムキです。

今のまっちゃん(ダウンタウン)ぐらいムキムキです。

 

 

 

ここのお店・・・

オープンしていても看板は消えているし、入り口のシャッターも半分閉まっていて

 

 

「え?やってんの?」

 

 

と思わせるような演出をいきなりかましてきます。

 

 

 

こんな感じ↓

 

 

 

 

外から見ると確実にやっていないと判断されるような風景なのできっと何も知らなくてフラフラ歩いている人が入るというようなことは無いと思います。

 

 

 

メニューはおまかせだったのかな?

あまりよくわかりませんが、勝手に料理がポンポン出てきました。

 

 

そして何故かドリンクも無くなった瞬間次々と出されてきました。

なんだったら、まだ飲んでる最中なのに出てくることもありました。

 

 

 

「そういうやり方でボッタくる店か?!」

 

 

 

と勘違いするぐらい次々と運ばれてくる飲み物とお肉達。

 

 

ですが、値段もそこまで高くなくとても良心的なお店でした。

 

 

 

お肉はこんな感じ↓

 

 

 

 

最後までわからなかったのが・・・

頼んだ料理の把握方法。

 

 

このお店、私が見る限り伝票のようなものは一切つけてないんですよね。

(見過ごしてたらすいません。)

 

 

でも本当に繁盛していて常に満席、店員も若いお兄さん含めておじいちゃんおばあちゃんと3人しか居なかったのでめちゃめちゃ忙しそうでした。

 

おじいちゃんおばあちゃんはキッチン担当なので滅多に表には出てこないし。

 

 

全部記憶しているというわけでは無いと思うのですが・・・

いったいどうやって会計しているのかは本当に気になりました。

 

 

 

高い料金を請求してくるのであればどんぶり勘定でも店側はマイナスにならないと思うのですが、そこまでむちゃくちゃ高いという金額でも無かったので不思議に思いました。

 

 

本当に私の人生の中でも深く記憶に残るお店でした。

 

 

私は本当に世間知らずであまり良いものを食べたことが無いのですが、やはり良い食べ物は良いんですね。

 

 

この日の出来事は一生心に残りそうです。

 

 

それ程に、美味しいお肉でした。

 

 

 

また機会があれば家族を連れて食べに行きたいと思います。

 

 

 

ノシ

 - 日記