【+1698円】ポンドドルショート

   

 

 

①ポンドドル 1.28892 ショート -2445円

②ポンドドル 1.28856 ショート -2198円

③ポンドドル 1.28892 ショート +6323円

 

計+1698円

 

 

今回のトレードの反省点はとても明解。

残念なことに過去に同じ過ちを犯したことによって負けてしまったトレードの経験もあります。

 

 

 

反省点① サインが出る前に入ってしまった

 

定めていたラインにまでレートを引き付けるのはもう当たり前にできるようになったが・・・

 

”第二の待て”である

「短期足による逆方向への勢いが弱くなったと判断できるサインを待て」

 

ができなかったために1発目のトレードは一瞬で損切になってしまった。

 

 

損切を置きたいポイントからレートが離れられるのが嫌で入った結果、瞬殺されました。

 

 

反省点② 損切を自分都合の位置に置いてしまった

 

本来なら前回高値の3pips上に置くところ、「距離が遠い」という自分勝手な理由により、20pips程の位置に設定し直してしまった。

 

その位置と言うのは確かに”往って来い”で挟まれたラインだったが、そんなに綺麗な往って来いでも無かった為間違いなく損切は前回高値の少し上に置くべきだった。

 

 

 

 

上記2つのルール違反が無ければ負けトレードは一つも無く、大きく勝つことが出来ていた。

皮肉にも、勝ちたいがために良かれと思って行動に移したルール違反が大きく足を引っ張る結果となった。

 

 

ルールを守るという事が如何に大事かということ、真剣に取り組んでいても同じ過ちを繰り返し犯してしまう自身のクソみたいな凡人さが身に染みて思い知らされたトレードだった。

 

 

 

私にはトレードの才能も冴えた勘もキレる頭脳も持ち合わせていない、本当に凡人の中でも更に下に位置する底辺だという事をしっかり認識して、だからこそ時間をかけて検証して自身で決めたルールを守りながらトレードする以外に数字を作り上げていくことなんてできないということを肝に銘じて今後も取り組んで行きます。

 

 

きっと、こうして誰かのお金ではなく正真正銘の身銭を削って痛い目を見ているにもかかわらずいつかまた同じ過ちを犯すんだと思います。

 

 

バカだから。

 

 

”同じ過ちは二度と犯さない”はきっと私にはできないんでしょうね。

今回のトレードでそれを認識した。

 

 

本気でやってて、実際に犯したんだから。

出来ないことはきっとできないんでしょう。

真面目にやって、死ぬ気でやってできないんだったらもう仕方ない。

 

目を背けても仕方ない。

どうしようもない事実なのであれば、それは受け入れるしかない。

 

 

 

だから次からは

 

 

「同じ過ちを二度犯してしまうかもしれないけど、三度は犯さない」

 

 

と、少し条件を緩くして私の脳内レベルに合った内容を頭に入れて行動していきたいと思います。

 

 

全力で事実と向き合いながら、最善の策をこれからも自問自答し改善していきます。

 

 

ほんの少しでも、一歩と言わず半歩ずつでも前進できるように

日々努力したいと思います。

 

 

 

 

ノシ

 - トレード記録