【3月度収支】-7275円

   

 

 

 

■トレード回数

4回

 

 

■勝率

0.0%

 

 

■リスクリワードレシオ

 

 

 

【良かった点】

 

〇無理にトレードしなかった。

 

 

【悪かった点】

 

〇特に無し。

 

【以下コメント】

 

 

全負けした月でした。

私がトレードできそうなポイントが本当に無い。

日足レベルでも、1月3日のフラクラの波を作った根元すら上抜く上昇。

200SMAも上抜き、21SMAで押し目を付け上昇継続なるかと思いきや失速。

週足レベルのネックラインに抑えられ下落する形となる。

 

週足レベルのラインに到達したとしても、日足ではもう一段上を目指すという見立ての元戦略を練っていたので負けても仕方のない月でした。

 

 

3月後半、日足でWトップ形成、ネックラインを割った後目線を変更、ショート目線へ。

ショートでトレードするも調整局面はまだ終わっておらず上昇。

 

 

戦略、タイミング共に噛み合わない月でした。

 

 

下手にトレードしまくらないで正解でした。

(*_*)。

 

 

 

私のトレードスタイルを言語化すると

 

■リスクリワードは1:1.6以上

■目線付はダウ理論

■1時間足が執行足(1時間足の1波を狙う)

■基本はトレンドフォロー

■タイミング(短期)足は逆張りOK

■タイミングの取り方は

・グランビル

・トレンドラインブレイク

・ダウ理論によるトレンド否定

■補助ツールは

・水平ライン

・トレンドライン

・MA4本(21.89.144.200)

・フィボナッチリトレースメント

■トレード通貨はドルストレートとクロス円のみ

■日経平均と金チャートもチェック(相関的視点)

■年率50%を目指す

■3か月間の収支でトレード内容を判断する

 

かな。

 

 

上記内容でほぼほぼ私のトレード内容は言い表せているように思います。

細かいこと言えば

 

・1時間足レベルでトレンド否定が入り、その際に長期足ラインにタッチしているという背景なら逆張りトレードOK。

・短期足でのレンジブレイク後の回帰をタイミングとして見る事がある。

・SLが溜まってるなーと感じるポイントがあったならそこを狙ったトレードをすることがある。

 

 

と他にもあったりするのですが、大体は上記で説明した内容でいつもトレードしています。

 

 

絶対に例外の無いルールとしては

 

・SLは絶対に設置

・損失は1日につき運用資金の5%以内

・リスクリワード1:1は割らない

・節目では負けても良いから動け

 

ですかね。

 

ちょっと書いてたら頭整理できてきた。

改めて文章で書くと再認識できて良いですね。

 

 

今年はまだ1回もプラス月が無い。笑

ま、生き残ってたらいつになるかはわからないですけど、マシなトレードはできるようになるでしょ、という感覚で今は取り組んでいます。

 

 

4月は私の誕生日。

30歳を迎える節目の年です。

 

 

ピリピリしながら迎えるのも嫌なのでのほほんと生きます^^

 

 

ノシ

 - 収支