きらいだなー

   

 

 

テレビやyoutube見て

なんとなーく思ったことを書き殴る

 

なので

支離滅裂かも

 

でも言いたい本音です

 

 

なんで昔のテレビ番組の方が面白かったんだろう

過去を美化してしまう脳の作りのせい?

 

 

吉本興業・・・

大きくなると、やっぱりどうしても驕りが出てしまうんだろうか

 

 

素直にテレビを楽しめなくなるね、こんなの

 

 

確かに宮迫さん、亮さんが悪い

 

これは揺るぎない

 

 

でもなんか会見開くことによってさ、世間の声が一変して

 

 

宮迫、亮は被害者だ!

可哀相!

吉本が悪い!

 

 

みたいな感じになってきてる

 

 

この感じもよくわからん

 

 

いやいや、

発端は宮迫さんのウソから始まったことでしょ

 

 

それは揺るぎない事実でしょ

 

 

 

ごちゃごちゃ後から言ってる人は

お祭りしたいだけなんだろうなーと思う

 

 

 

 

謝罪会見時のチャットのみんなのコメント

 

 

宮迫笑える

ウケる

演技臭い

噛むな

etc・・・

 

 

必死で、本気で会見している人間を見てどうしてそんな言葉を吐くことが出来るのか

しょーもない

 

 

必死で動いている人間を笑うな

本気で取り組んでいる人間をバカにするな

 

 

我が子には絶対同じような事をするような人間には育てない

絶対に

 

そう思った今日この頃

 

 

 

 

 

吉本がした対応というのも明らかにおかしい

トカゲの尻尾切り

 

めんどくさなったからもう切るわ、みたいな感じ

 

 

寂しいよねそんなん

 

 

まぁ

合理的っちゃ合理的なんかもしれんけど

 

 

長い間働いてきた人間に対してそんな対応

寂しくない?

 

 

合理的、効率重視し過ぎて

人間の心、そこになくない?

 

 

なんか

寂しくない?それ

 

 

 

 

そして別件

 

 

ジャスミンゆま

DJ社長にセクハラされました → 嘘でした

 

 

炎上商法

良いんじゃない別に

 

 

実際私もこの出来事で

ジャスミンゆま

っていう人物を知ったんだし

 

 

企画としては成功だろう

 

 

個人的な感想

クソみたいなエンターテイメントお疲れ

 

 

とりあえずこの女の顔は二度と見たくない笑

クソみたいな中身、人間性ということはよくわかった

 

 

TVには絶対出てきてほしくないなー

チャンネル変えるから別にいいけどさ

 

チラっとでも目に入って欲しくないね

今後生きていく人生の中で、このジャスミンゆまという女性とは

一切の関わりを持ちたくない

 

 

なので可能であればメディアからも消えて欲しい

じゃぁ、チラっと目に触れることも無くなるので

 

 

炎上商法

 

実際問題、こういう出来事に対して大衆は反応する

こうして俺も記事を書いてる

大衆だから笑

情けないよね

 

 

 

 

人は暇なんだろうね

話題が欲しいんだろうね

 

 

しょーもないなー

 

 

 

受け身じゃなくて

自分から「楽しみ」を作り出せる人間に成りたいもんだね

 

 

 

あー そんな出来事あったんだー

ふーん いいんじゃない

興味ないわー

忙しいからー

 

 

程度に

流せる人間に成りたいもんだね

 

 

反応している時点で自分はまだまだ

努力不足で程度の低い人間なんだなーと

 

再認識しました

 

 

京アニの放火事件の方がよっぽど酷い事件なのに

 

皆が反応するのは宮迫さんたちの出来事だもんね

 

 

 

ちゃんと物事を見る「眼」を

養っていきたいもんです

 

 

我が子には

下らないニュースに踊らされないようにと

受け身じゃなく自分から作り出せる人間に成れるようにと

 

 

渦に巻き込まれる側じゃなく

渦を巻き起こす人になれるように

 

育てていきたいものです

 

 

勿論

悪いことをして、ということじゃないですよ

 

 

 

そのためには

親である私がしっかりしないと

 

 

毎日積み重ねて行こう

 

 

あー

 

 

特にジャスミンゆまの性を利用した炎上商法

胸糞悪いね

気持ち悪いね

 

 

さ、

周りは良いから

自分に目を向けて

今後生きていこう

 

 

なんか色々メディアを見てると思ったことがあったので

記事書いてみました

 

 

しっかりしよう!俺!

 

 

ノシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 日記