「時間の経過」を検証中

   

 

 

■SLを建値に移動

 

というアクションについて、「いつ移動させるのか?」という問いに良い答えが出ない中、ある勝ち組トレーダーの方から

 

「時間の経過を取り入れたら?」

 

というアドバイスをいただきました。

 

 

トレードする時間帯というのは意識していましたが、「時間の経過で決済する」というのは全く考慮していませんでした。

 

 

というのも、時間制にしちゃうと

 

「この時間内に〇〇になっていなければ○○する」

 

というのはどうも自分勝手なトレードになってしまわないか?

「時間内に~」というのは果たして相場に合わせてトレードしている事になるのか。

全てはチャートの値動き、形から判断すべきではないのか?

 

と過去に考え過ぎてわけわからなくなって一度時間制でのトレード手法を却下したんですよね。

 

ですが、よくよく考えれば時間を考慮することも十分相場に合わせることになるよなーと最近考えに変化がありました。

 

 

これもご指摘いただいた内容そのままの文章ですが、

 

”ブレイクアウトなら「ブレイクと判断した根拠」があると思いますが、これには賞味期限があると思ってます。

極端な話ですが、5分足トレードでブレイク判断してから数時間後に落ちたとしたら、それは既に別の根拠で落ちたと自分なら思うからです”

 

 

・・・

いやー全く持ってその通りですよね。

( ・ิω・ิ)。

 

何の反論も無いです。

 

 

上記アドバイスをいただいて早速FT3で自身のトレードを検証してみたのですが、私の勝ちトレードって・・・

どうやら自分で思ってた以上に時間かかってないっぽい。

 

ザっと検証しただけなのできっとそこまで精度の高くない分析だと思いますが、私のトレードは「時間の経過」を取り入れる事で改善できそうに感じました。

 

それも、凄く。

( ・ิω・ิ)。

 

 

ま、わかんないですけど。

 

 

とりあえず、9月~10月いっぱいまでは「時間の経過」を手法に取り入れる検証をひたすらしたいと思います。

 

 

がんばる。

 

ノシ

 - FX初心者日記