FX日記

久し振りに検証

 

やる気ないわりに、今日は真面目に検証してる。

って言っても1時間半ぐらいだけど。

 

 

過去チャート見てて思ったんやけど、アナリストってホンマに適当なことばっか言ってるよね。

 

2020/3/9

ドル円めっちゃ円高に振れてるんよ。

3/1~3/9の間に10円ぐらい下がってる。

 

 

でね、

2020/3/10~3/19の9日間で9円上げてるんよ。

 

 

この時のアナリストの見解

 

■3/1~3/9

「コロナ懸念から、比較的安全な通貨、円が買われている」

 

■3/10~3/19

「新型コロナへの米経済対策期待による米ドルへの期待買いでドル円が上昇」

 

どっちの期間的にもほぼ一緒、8日間で落ちて9日間でほぼ全戻し。

 

ホンマ適当よね。

後付け説明もいいとこ。

 

要するに、相場ってずっと相場見てる人でさえわからんのよね。

まぁアナリストは「発信すること」が仕事やから適当に理由付けて話しとけばそれが仕事になるんやろうけど、あまりに酷いやんね。

 

「相場は7~9割はランダム」

俺はこの考えで相場を見てる。

 

ランダムだからこそ、わからないときには手を出さない。

ただでさえFXは博打に近いマネーゲームなのにわからないときに手を出したらトータルでプラス着地できるかどうか、も完全に運任せになっちゃう。

 

FXは答えがない分、ずっと頭使うからボケ防止には良さそう。

ストレスで禿そうにもなるけど。笑

 

因みに今回なんで検証してたかというと、個人的にはユロドルロングで入りたい場面なんやけど日足のチャート見る限り下方向かつ節目ラインにレートがあるんよね。

 

俺がメインにしてる1,4時間足では明確な上、日足では下、要するにバチバチ拮抗する環境に入ってると考える。

 

長期足の流れに回帰する、とは言っても中期足の値動きを無視するわけにはいかない。

じゃぁ何が最適解か、過去チャートで確認してみよーって感じで検証に入った感じ。

 

結論としては、

「入らない」

やね。笑

 

入るとしてもレンジ戦略か、明確なプライスアクションがあるまで待機って感じ。

 

理想的な動きとしては今の場所でレンジ形成、上限あたりで上ヒゲ出現からのショートかな。

 

ま、そんな感じ。

 

 

これからも無理なく、マイペースにやってくよ。

 

ノシ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA