トレード記録

【+2162円】ドル円ロング

ポジション

■ドル円 107.568 ロング

  • 1発目 917円
  • 2発目 622円
  • 3発目 623円

合計 2162円

 

【TP】

  • 1発目 107.660
  • 2発目 107.980
  • 3発目 107.980

 

【SL】

107.350

 

分析/戦略

【環境認識】

日足

レンジ。方向感無し。

 

【執行足 → 4時間足】

上目線。Wボトム付けてから107.730の高値ラインを上抜いた後、リテスト。

21SMAと200SMAのGCにレートタッチでタイミングを計る作業に移る。

MACDがダイバージェンスを付けている事から、早めの利食いを意識する。

 

 

【タイミング足① → 1時間足】

1時間足でも引き付けたいラインがあったため観察していた。

引き付けたかったラインは、

「107.500のハーフナンバーライン」

「フィボナッチの50%ライン」。

 

ここに200SMAが来てくれてたら尚良しだったが、89SMAがしっかり支えてくれていたのでそれも優位性の一つとして見ていた。

 

 

【タイミング足② → 5分足】

5/21、下ヒゲの長い陽線からスタートする。前回安値を下抜けたうえで陽線確定していたら完璧なサインだったが、アセンディングトライアングル上抜け、リテストつけた辺りでエントリー。

21SMAと200SMAのGCも重なるポイントだったので躊躇無く入れた。

 

正直、朝一番直ぐに入っても良かったが、朝一のSBI-FXはスプレッド半端無いので入ることができなかった。

それでも悪くは無いポイントで入れたと思う。

 

 

コメント

1発目は直ぐにTPまで伸びてくれたけど、2,3発目の分はTPまで伸びずもたもたしていた。

それでも、まだ上方向への優位性は死んでないと判断してオーバーナイト。

 

5/22朝一、チャートを確認すると私が最後の砦としていた1時間足の21SMAを下抜いている。

もうポジションを持っている理由は何もない。即決済。

 

この判断が正しく、その後SLの位置まで下落していた。

セーフ( ・ิω・ิ)。

 

他は特に思うところ無し。

 

今後の戦略

ユロドルロング、オジ円ロングで静観。

でも、環境足の話しだからエントリーしても来週半ば以降になりそう。

 

ノシ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA